太刀魚ルアー釣り重要なポイント テクニックやアクション(仕掛けの動かし方)

まいど!ふくまる大将どすえ!

波止場から手軽に釣れる魚の太刀魚、ルアーで釣る重要なポイントや、時間帯別のルアーの選択(チョイス)、ルアのー動かし方を紹介していきます。

太刀魚の時合いは短いので、効率の良いルアー選択でバンバンタチウオを釣り上げちゃいましょう~。

スポンサーリンク

太刀魚ルアー釣りの一番重要なポイント

太刀魚の泳いでいる層(棚)を素早く探る事

太刀魚の泳いでいる層を探るには、ルアーの特性を理解して、素早く探れば効率よく太刀魚を釣り上げれます。

参考記事

ルアーで釣る太刀魚 どんなルアー(仕掛け、タックル)で釣れるの?
太刀魚は安価なタックルで釣れる。 ここではルアーのタックルや、初心者を悩ませる、数ある太刀魚釣りルアーの種類について紹介していきます。

時間帯別 太刀魚の泳いでいる層と使うルアー

お昼~夕方の明るい時間帯

太刀魚は夜行性なので、明るい時間帯は底~中層のやや下あたりを泳いでいます

お昼の明るい時間はあまり釣れませんが、夕方に差し掛かってくると岸壁に向かって接岸して来るので、出来るだけ遠投して素早く底付近を探れるメタルジグが効果的です。

真昼に太刀魚が爆釣!?特別な日がある

2016年秋の武庫川一文字や、神戸ポートアイランド沖堤防では、普段はほとんど釣れない時間帯の朝10時~昼3時の間に爆釣しました。

この日もメタルジグの一人勝ちで、素早く底を探れるので必ず持っておくべきルアーです。

メタルジグの動かし方

明るい時間は底付近にタチウオが居る事が多いので、投げて底まで落とし、ロッドを小刻みにシャクリながらリールを巻く、ジグが浮き上がってきたら、また底まで沈める、この繰り返しですね。

大きくしゃくって、ゆっくり落とす方法も試してみてくださいね。

動画を置いておきます。

「メタルジグで太刀魚を釣る動画」

おすすめのメタルジグはコレ!ギャロップ アシストフォールエディション 30g

その他、実績の高いジグはコレ
メジャークラフト(MajorCraft) ジグパラ 20g #29(ピンクイワシ)

暗くなる前 夕マズメの太刀魚の時合い

表層に小魚を捕食しに太刀魚が接岸してきます。

この時間は、どのルアーにも反応は良いですが、時合いは短いので、手返し重視でルアーを選ぶと数が釣れます。

ワームでのワインド釣法

手返しも早く、効率よく太刀魚を釣り上げれます。

動かし方は、ビシっとしゃくってリールを巻く、竿の先でラインの弛みを弾いてダートさせます。

【動画】 「ワインド釣法で太刀魚爆釣」

ミノー 使い方、動かし方

釣り場で他の方が使う所をあまり見ませんが、実は夕マズメ時合い最強のプラグ。

表層の太刀魚を釣るのに、ミノーに勝てるルアーは無いと思っております。

動かし方はとても簡単で、投げて着水後すぐに表層を巻くだけ!アクションはさせなくてもルアーが勝手にブリブリと小魚のように泳ぎ、太刀魚にアピールしてくれます。

ゆっくり巻いたり、早く巻いたり、その日の反応が良い巻きスピードを探してください。

おすすめはコレ! ダイワ ショアラインシャイナーZ セットアッパー97S-DR

シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 99S AR−C XM−299N 02T(ハデイワシキャンディ)も太刀魚が良く釣れるミノーですよ。

暗くなってからの 夜~夜中の時間帯

暗くなると群れが散り、泳ぐ層もバラバラでどの層に太刀魚がいるか探るのが難しくなってきますので、底~表層まで万遍なくゆっくり探れてアピール力の強い、シャッドテールワームが効果的です。

一般的には、暗くなるとタチウオがルアーの早い動きに付いてこれない為、ルアーに反応が悪くなり、ウキ釣り(餌釣り)の方が有利と言われています。

ワンポイント 光らせる!

シャッドテールワームだけでは、イマイチ反応は良くなりません。

そこで、太刀魚が見つけやすい光るワームを作り出せば、暗くなって反応が悪くなった太刀魚もルアーに食いつかせることが出来ます。

エコギア パワーシャッド ミッドナイトグロウなら光を当てると上の写真のように、蓄光してワーム自体が光ります。

欠点は蓄光時間が2~3投なので、その都度ライトで蓄光させないといけない事ですね。

蓄光がめんどくさい方はコレ! 必殺シャッド!

太刀魚必殺仕掛けのキビナゴの代わりにパワーシャッドを付ける方法。

太刀魚ゲッターの背中にケミホタルを付けるので、蓄光させる手間が省けて手返し力アップ!

必殺仕掛けは、こんな感じで工夫して使える所も必殺たる由縁なのですよ。

シャッドテールワームの使い方、動かし方

どの層を太刀魚が泳いでいいるかわからないので、とりあえず底まで落として全層を探り、アタリがあった層を重点的に攻めます

1・2・3とカウントしながら、底~中層までを丁寧に探るとアタリのあった棚がわかりやすいですよ。

動かし方は、ロッドアクションはしなくてOK!初心者でも簡単、ゆっくり巻いたり、早く巻いたり、たまに止めて落とす

アタリがあったらガッツリと合わせを入れましょうね。

明るくなる前~朝マズメの時間帯

うす暗い時間帯は中層~表層をシャッドテールワームで、かなり明るくなってきたら表層をミノーで狙うと効果的です。

朝マズメは太刀魚のボイルが起きる事も結構あり、外道でシーバス、サゴシ、ハマチ等釣れる事も多々あります。

明るくなった時間帯

太刀魚が釣れるのは、明るくなってから大体1時間くらいまでです。

中層~底を攻めれる、バイブレーションやメタルジグが効果的。

まとめ

大体いつもこんな風なルアー選択や、棚でやっています。

ここに書いてある事が当てはまらない場合も良くあるので、大体の目安として覚えておいてください。

釣りは生き物相手なので、何が起こるかわからない。

先ほど書いたように、いきなり昼に太刀魚が爆釣になったりする異例の事態もあるので、ルアーの特性をしっていれば、臨機応変に対応できるかと思います。

ルアーで上手く釣れないって方は、一度「ふくまる大将必殺仕掛け」を使ってみてくださいね。

餌とルアーのハイブリット釣法なので、完全ルアーではありませんが、夕方の時合い~朝マズメの時合いまでは最強です。

どうしてもタチウオを釣りたい時に使うと一番釣れますよ。

詳しくはこちら

太刀魚(タチウオ)必殺仕掛け初心者でも簡単太刀魚ゲッターの改造(カスタム)ポイント
まいど!ふくまる大将です。 ふくまる大将釣り動画を見てくれている方はもうご存知ですよね、太刀魚が一番釣れる「必殺仕掛け」の事を...